アレキサンドライトレーザー てんかん

アレキサンドライトレーザーとてんかん

エステの脱毛はトリートメント効果が高い?

美容クリニックで使われるアレキサンドライトレーザーの特徴をまとめています。てんかんでもアレキサンドライトレーザーなら脱毛できるのか。



美容クリニックのレーザー脱毛で利用されているマシンは、主にアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーの2種類です。

他にもYAGレーザーや複合レーザーなどがありますが、ほとんどがアレキサンドライトかダイオードです。ここではアレキサンドライトレーザーの特徴についてご説明します。

アレキサンドライトレーザーのメリット

アレキサンドライトレーザーは毛乳頭や毛根の黒色メラニンに反応して瞬時に高熱を発生させ、それによって毛根を破壊し発毛を抑止します。

有名なところでは湘南美容外科クリニックや渋谷美容外科クリニックで使われています。アレキサンドライトレーザーは特に黒い毛のメラニンに対して強く反応するため、濃い毛や剛毛に高い効果を発揮します。

また、シミやくすみ、ソバカスなどにも効果があるため、脱毛しながら美白効果も得ることができます。

アレキサンドライトレーザーのデメリット

アレキサンドライトレーザーは効果が高い反面、痛みが強いというデメリットがあります。

痛みの感じ方は人それぞれなので、中にはほとんど痛みを感じなかったという人もいますが、利用者の大半が強い痛みを感じたということです。

そのため、特にてんかんの症状を持っているかたは痛みによって発症してしまう危険があるため施術ができません。

また、一度の照射範囲が狭いため施術に時間がかかったり、剛毛に効果がある一方で産毛のような細い毛には効果が薄いというデメリットもあります。



SBC湘南美容外科



Pick up

美容クリニックで使われるアレキサンドライトレーザーの特徴をまとめています。てんかんでもアレキサンドライトレーザーなら脱毛できるのか。


Blog





新着情報